住宅建築

HOME > モデルハウス

写真は今年7月に完成したばかりの「無垢材の家」。
家具や床材、天井材に至るまで、木の質感にこだわり、無垢材から感じる豊かさを最大限いかした家です。
見学をされた方が、家に入って最初にもらした言葉は「いい香り」という言葉。
視覚だけではなく、あらゆる五感に心地よさを与える家を、明和ホームはお届けします。

無垢材の家が大切にしていること。
大切にしている「木」のこと。

無垢材と育む未来

無垢材に包まれた空間の色、光、影。そして、無垢材から感じとる安心感や癒しは、「豊かさ」を支える大切な感覚。
豊かな気持ちになれるから未来が育つ。それが「無垢材の家」です。

無垢材をいかす家づくり

単なる素材の違いではなく、無垢材から感じとる充実感と豊かさのために、無垢材をいかす設計とアレンジを追求し、
無垢材を最大限いかす家づくりに取り組んでいきます。

使用箇所に合わせた無垢材を

土台には1cmの成長に30年かかるといわれる樹齢約1,000年の「ヒバ」を使用。
また梁には、たわみに強い12cm巾の「米松」、さらに大黒柱には、樹齢約100年、直径約36cmの「杉」を使用するなど、
木の特性をいかし、「適材適所の木遣い(きづかい)」で、本物の豊かさを実現していきます。また家具についても、
無垢材の家にふさわしい作りのものをご案内可能です。

こだわりは「木の乾燥」

無垢材は変形しやすいという通説を覆し、特許技術という特殊なプロセスを経て変形を最小限にとどめたのが「無垢材の家」。
乾燥機出庫時には内装材で含水率5%以下、構造材で10%以下、大気中の水分を吸い込んでも15%以下に管理された無垢材だけで
建てていきます。

無垢材と育む、豊かで、健康な未来。

Google Mapで見る

TOPへ